職人紹介  
199x年2月11日
 日本テレビ ルンルンあさ6生情報
 ザ・仕事師 竹刀−竹刀にかける親子鷹−
199x年
 日本テレビ 朝の詩(ポエム)
 「下町の名工たち」
再生にはRealPlayerが必要です。左のボタンよりダウンロードして
ご覧ください。
1975年生まれ
若くして祖父の保高より義次の銘を受け継ぐ。伝統と新しいアイデアを融合させる挑戦を惜しまない。
1953年生まれ
初代清忠の銘を25歳で受け継ぐ。
全国で関東流を貫く、唯一の存在。


竹刀屋の歴史
明治後期、東京・菊川町(錦糸町〜両国の間)に岩崎氏(国義)が親方として製造していた竹刀屋があった。そこに、長崎万次郎(初代義次)が弟子入りしたのが始まりである。当時、岩崎氏の下に10名以上の弟子がいたとされるが、その中に後に名人と言われる竹刀職人の寿・清忠がいたのである。
感謝状その後、長崎万次郎が独立し、長崎保高(二代目義次)が昭和7年、15歳の時に弟子入りし、修業を経るが、戦争が始まり、一時閉店となった。
終戦後、保高が独立し開業したのである。
また保高(二代目義次)は昭和45年頃、台湾へ竹刀の技術指導者として渡り、今日の竹刀産業の礎となった人物であるといえる。

江戸川防具店
江戸川防具店について
昭和48年開業
長崎保高(二代目義次)の長男高志が、防具製造・販売を始める。
copyright(C) 2004 edogawa-bougu, all rights reserved. PAGE TOP